体重だけでは判断できないメタボと肥満の違い

見た目が肥満体型では無い人でも、健康診断でメタボであると指摘される可能性があります。身長に対して体重が多いことを肥満と言いますが、肥満の人のことをメタボと呼んでいるわけではありません。肥満とは、お腹まわりのサイズが男性で85㎝、女性で90㎝以上あり、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算できるBMIが25以上になる人です。メタボと肥満を同一視している人もいるようですが、両者は定義でも、内容でも、異なっています。メタボリックシンドロームは別名、内臓脂肪症候群とも呼ばれており、将来、重篤な病気になるリスクが高まることから、早めの対策を取る必要があります。メタボリックシンドロームは、心疾患や脳血管疾患、糖尿病、高血圧症の前触れと言われているので、健康診断など指摘された時には注意しなければなりません。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満と高血圧・高血糖・脂質異常のうち2つの状態が見られることを言います。肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型があり、皮下脂肪型であればBMIが25を超えていてもメタボとは言いません。内臓脂肪でなく皮下脂肪だから安心ということはないので、皮下脂肪型の人も対策はとりたいものです。近年のメタボ対策では、運動療法と、食事の改善が重視されています。動脈硬化が発生も進展もしないように、体内に不要なカロリーが留まらないようにして、体脂肪率を減らすことを目的としています。日本で国全体によるメタボ対策に乗り出した理由としては、健康促進と同時に医療費の増加抑制という狙いもあります。40歳になると、健康保険の被保険者すべてに年1回の検査が義務化されていますので、必ず受けるようにしましょう。BABY葉酸ママのめぐみ