ヨガとピラティスの違い

ヨガとピラティスの違いとして、まず成り立ちが挙げられます。
ヨガの始まりは古代インドで、心身を鍛えながら瞑想をしていく修行のために作り出されました。

一方、ピラティスは第一次世界大戦の時代にドイツ人の従軍看護師だったジョセフ・ピラティスが考案したエクササイズを始まりとしています。

次に呼吸法が違いとして挙げられます。
ヨガは精神的な面に重点を置いているため、腹式呼吸で行ないながら動きますが、ピラティスは筋肉の動きを活性化させる働きを持つ胸式呼吸で動きます。

この呼吸法はそもそもの目的について考えると自然な流れです。ヨガは精神を鍛えることも重要視しており、実際に静止している時は瞑想を行なう事が基本です。しかしピラティスは筋肉を鍛えつつ、骨盤の歪みを正していくという肉体面を重要視しています。

そのため、ゆっくりとした動きとポーズは似ていてもその内容は全く異なるというわけです。その違いは使用する道具の数でも一目瞭然で、ヨガはマットとブロックで十分ですが、ピラティスはバランスボールやエクササイズバンドなどが求められる場合があります。
参考:ピラティス大阪・堺(中もず)の女性専門パーソナルスタジオ【a.pilates】
肉体を鍛えることに重点を置いている以上、使用する道具が多い事は当然な流れとも言えます。
つまり両者の違いを簡単にまとめると、精神を重要視しているか肉体を重要視しているかの違いです。